レーザー脱毛〜クリニックの裏側暴露します

湘南美容外科

脱毛するならクリニック?それとも脱毛サロン?

 

これから脱毛しようと思っている人は、脱毛サロンで受けるか、医療レーザー脱毛を受けるか悩むところですよね。

 

一般的に言って、医療機関の脱毛機はレーザーで、値段が高く、痛みは強いが、効果も強いと言えるでしょう。

 

それに対して脱毛サロンの脱毛は、値段が安く、痛みも少ないが、少し効果が弱いという印象があります。

 

でもこの評価は最近大きく変わってきています。

 

医療機関でも光脱毛をおこなっているところもあり、価格もかなり安いクリニックが出てきています。

 

逆にエステサロンで使用されている光脱毛機も性能が向上しているようですが、いまだに脱毛の契約で高額のローンを組ませようとするサロンもあるようです。

 

 

医療機関でおこなわれている脱毛

 

現在、美容外科・美容皮膚科でよく使用されているレーザーは、アメリカ・キャンデラ社のロングパルス・アレキサンドライトレーザーのジェントルレーズか、イスラエル・ルミナス社のロングパルス・ダイオードレーザーのライトシアー(シェア)の2種類です。

 

最近では、ダイオードレーザーと高周波をあわせたもの(e-light)やIPLと高周波を合わせたもの(オーロラ)、エステラ社のPPXやエリプス社のエリプスフレックのように皮膚を吸引しながらIPLの光をあてる方法も実用化されてきています。

 

これらは、より弱い出力で効果をあげることができます〜このため火傷などの副作用をおこしにくいと考えられています。

 

また、各社からロングパルスNd-YAGレーザーが発売され、より深部にエネルギーが達するために、脱毛効果が強いという意見もありますが、実際のところ他のレーザーに比べてどれぐらいの効果があるのかはよくわかりません。

 

医療機関では国産の脱毛機はあまり人気がないようで、ジェントルレーズとライトシアーでほとんどのシェアーを占めています。

 

 

ジェントルレーズは、レーザーを照射する前に冷たいガスを噴きつけて皮膚の温度を下げるという、冷却システムDCD(direct cooling device)を備えています。

 

太い毛にも強く、脱毛スピードもあらゆる脱毛機の中でもトップクラスです。

 

特に最新型のジェントルレーズプロは、旧型のジェントルレーズプラスなどと比べると、その脱毛スピードは2倍になっています。

 

ライトシアーはジェルを介して、冷却されたヘッドの先を接触させて皮膚の温度を下げてから、レーザーを照射します。

 

そのため、レーザー照射時にヘッドの先端が皮膚から浮いてしまうと、簡単に火傷を起こしてしまうことがあります。

 

このDirect Cooling System(DCS)のおかげで、かなり強い出力で照射することが可能で、細い軟毛に対しても効果的に脱毛が可能です。

 

ただし、出力が強いということは、正常組織にもダメージを与える場合があり、30〜40J/cuぐらいの出力で火傷をおこしてしまったら、かなり長く色素沈着に悩まされる可能性があります。

 

新型のライトシアーデュエットは、皮膚を吸引して毛根の位置を近づけた状態で、レーザーを照射することができますので、弱い出力でも効果的です。

 

 

また高周波(ラジオ波)を使った脱毛機(e-laserなど)は、産毛の脱毛も可能になります。